【報告】2019年8月2日(金)、国沢「福島県三春町教育委員会」主催の講演担当

  • 2019.08.05 Monday
  • 02:41

皆さま、こんにちは、国沢です。

「講演」のご報告を致します。

・・・・・・・・・

●日時:2019年8月2日(金)

14:30〜16:30

●主催:三春町教育委員会

●会場:三春交流館「まほら」

●テーマ

「特別な支援が必要な子どもと

家族を支えるために

〜伝える力をアップしよう〜」

・・・・・・・・・・

福島県には、たびたび

お招きされており、

私は、その都度、

「福島応援団」のような気持で、

講演をしています。

 

福島県ならではの、

さまざまな困難がある中で、

発達に課題のある子どもも、

家族も、支援者・先生も、

奮闘していらっしゃるからです。

 

今回は、三春町の教育委員会主催で、

幼稚園・小中高校の教職員、保護者など、

約130名が参加して下さいました。

少しでも、ヒントになるお話が

できていれば、嬉しいです。

 

三春町は、

「滝桜」が有名です。

 

<日本三大桜>のひとつで、

国の<天然記念物>でもあります。

以前、講演で訪れた際、

主催者の方が、「滝桜」

連れて行って下さって、

 

桜の時期ではなかったけれど、

その<圧倒的な姿>に、

つい拝みたくなるような…

不思議な感覚に襲われたのを

覚えています。

 

その「滝桜」のある三春町は、

<特別支援教育>に力を入れていて、

配慮が必要な子ども達のことを、

しっかりサポートしています。

小学校入学前、
「5歳児健診」も実施されていて、
幼稚園・保育園と、
学校との連携も進めています。

 

就学後は、「情緒」と「知的」、

それぞれの<固定学級>があり、

「情緒」の<通級学級>もあり、

子どもの実態に合わせ、

選ぶことが出来るのです。

 

課題がたくさんあるお子さんは、

まず情緒の<固定学級>で過ごし、

 

落ち着いてきたら、

<通常の学級>で、

挑戦できそうな授業から

中に入ってスタート。

徐々に、増やしていく…。

 

課題が、そこまで多くないけれど、

<通常の学級>のままでは、

ちょっと…というお子さんは、

情緒の<通級学級>

週に何時間か通って、調整をはかる…

 

本当に、子ども一人一人の

実態に合わせて、

家庭とも連携を取って、

丁寧に進めているのを、

感じます。

 

<通常の学級>に在籍している、

発達に課題のあるお子さんの

保護者からの相談を、

たくさん受けている私としては、

 

このように、

子どものために「選べる環境」が、

整っていることが、

素晴らしいと思います。

 

こういう例が、

日本全国に広がっていくと、

良いですね…。

 

特に、<義務教育>の期間は、

「住む場所によって、

受けられる支援が違う」

ということが、

無いことが望ましいです。

 

<講演>で、

さまざまな地域に伺うと、

その地域ならではの取組みを

知ることが出来て、

とても参考になります。

 

また、三春町の皆さまに、

お会いできることを、

楽しみにしております。

講演後、主催者の皆さまと
会場前にて記念写真!!

この度は、お招き頂き、

本当にありがとうございました。

 

<記:kunisawa

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM