【報告】2018年11月21日(水)、国沢「杉並区立こども発達センター」にて、講演

  • 2018.11.23 Friday
  • 02:02

こんにちは、国沢です。

講演のご報告を致します。

 

2018年1121(水)

●時間:1450分〜1650

主催・会場:杉並区立こども発達センター

●テーマ:

「保護者に寄りそう支援をするために

〜人間関係を築く力をアップしよう〜」

●対象;杉並区内幼稚園・保育園

子ども園・療育事業所職員 等

・・・・・・・・・・・・・・

杉並区の子どもに関わる職員の方々に、

講演をしてまいりました。

一昨年も、同企画で、お招きされたので、

2回目…と言う方も,

何名かいらっしゃいました。

 

今回は、約70名程の方にご参加頂き、

「保護者への理解・支援」をテーマに、

お話致しました。

保護者と<連携>していく為に、

「伝える力」「つながる力」は、

どうしても必要になります。

 

なぜなら、

どんなに「良い計画や取り組み」

ご用意されたとしても、

その事を、保護者に、

理解・納得・応援してもらう為に、

過不足なく、伝える必要があるからです。

 

これは、なかなか大変な作業ですよね💦

 

まず、「信頼関係」が必要ですが、

その「信頼関係」を築くのさえも、

「伝える力」がなければ、難しいからです。

 

発達障害児に接する際、

<スキル><学説><理論>は、

もちろん大切!

 

でも、<伝える事・伝える力>も、

とっても、とっても大切なのです!

それは、

支援者・先生だけでなく、

私たち保護者も、しかり。

 

「伝える」…という事について

どこまで、何が、できるか…

そんなヒントになるお話を

させて頂きました。

この度の<ご感想>の一部を

ご紹介させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・

●とても勉強になりました!

具体的な方法も、たくさん

知る事ができたので、

一つずつ実行してみたいと思います。

 

●「伝え方」「接し方」の

自分の引き出しが、増えました。

まさに、就学前のお母さんとの

やりとりをする毎日です。

お話を参考に、お母さんの

不安や辛さに寄り添って、

進めてまいります。

 

●保護者の方に、

こちらから気になる点を伝える時、

こういう風に言えば、

信頼関係を崩さず、伝えられるのか!と、

勉強になりました。

 

●障害を持つお子さんの親御さんの

孤独感、葛藤を、とても正直に、

細かくお伝え頂き、

大変勉強になりました。

日々の支援の際、念頭に置き、

寄り添っていきたいと思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他、たくさんの方から、

心のこもった感想が、寄せられました。

 

尚、今回行ったアンケートでは、

すべての方が「参考になった!」

に、を付けて下さいました。

<全員ご満足>は、

講師冥利に尽きます(涙)

ありがとうございます。

 

終了後、

杉並区こども発達センターの

職員の皆さまと記念撮影。

いつも、お招き下さいまして、

本当にありがとうございます。

 

保護者だけでなく、

支援者・先生方も、

その仕事についた、最初の時の“想い”を

忘れないように…

 

今日の講演が、

「この仕事で、がんばっていこう!」

と思って頂ける、きっかけになっていれば、

とっても嬉しいです!!

 

<記:Kunisawa>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM