【満員御礼】2016年7月2日(土)、Marble主催「オーケストラによるコンサート」ご報告!

  • 2016.07.03 Sunday
  • 04:20

2016年7月2日(土)、

「オーケストラによるコンサート」を
三鷹市公会堂で開催しました。
★詳 細★
日時;2016年7月2日(土)13時半開場、14時開演、
会場;三鷹市公会堂光のホール
出演;東京サロンオーケストラ、町井友香(歌)
主催;一般社団法人 発達障がいファミリーサポートMarble
後援;三鷹市、NPO法人東京都自閉症協会、
   三鷹市教育委員会、三鷹市社会福祉協議会
   三鷹市発達障害児親の会モンブランの会
協賛;宮地楽器
助成;社会福祉法人黎明会 福祉振興開発援助事業助成金
寄付;横河・100円募金の会
★当日の様子★
なんと!約700名もの方がご来場
大盛況でございました。
障害の特性から、静かにしなければならない場で、
声を出してしまったり、飛び跳ねてしまったり…があり、
コンサートに行く機会のない子ども達…
でも、この日は大丈夫!
泣いてしまうかもしれない赤ちゃんも、
飛び跳ねちゃう発達障害の子どもも、
発達障害以外の障害の子どもも、
認知症の方も…
赤ちゃんからお年寄りまで、
それぞれ、身体で音楽を感じ、
声を出したり、飛び跳ねたり、
楽しんでいらっしゃいました。
うちの息子は、ずっと指揮者のマネをして
飛び跳ねていました><)
そんな子ども達の様子を、非難する事なく、
寛容に見守って下さる、会場の皆さんの空気が、
とても柔らかく、温かいものでした。
多くのご来場者が、暑い中、外に並ばれたので、
13時半の開場を早め、
涼しいロビーでお待ち頂きました。
(障害のお子さんの中には、
体温調節が苦手なケース、多いですよね…)
そして、
開演の14時には、約700席、満席となりました。
主催者からの開会の挨拶後、
三鷹市の清原慶子市長からもご挨拶を頂戴しました。
清原市長の力強く温かいご挨拶は、
ご来場の皆さま、オーケトラの皆さまにしっかり伝わりました。
そして、いよいよ演奏がスタート。
東京サロンオーケストラの皆さん
歌の町井友香さんが織りなす素晴らしい音楽。
障害の子ども達も、
親も、支援者も、全てのご来場者が
リラックスしながら、
心から音楽を楽しんでいました。
東京サロンオーケストラの皆さんの素晴らしい演奏🎵
周囲に謝る機会が多い、発達障害児の子育てだけど、
今日は、この子が、ありのままで居て、
それを、温かく見守る事が出来る…
それは、なんて幸せな事なんでしょう。
指揮の中林昭博氏
歌の町井友香さん
ピアノのマティス・ルシュ氏
演奏が始まると、休憩時間は取らず1時間半。
辛くなったら、演奏中でもロビーに出てOK…
という事で、後ろの扉は2か所、ずっと開けっ放しです。
実際、会場には入れないけど、扉のあたりで、
ずっと演奏を聴いているお子さんもいました。
★演奏曲目★
1;ドラゴンクエスト序曲       −作曲すぎやまこういち
2;ハリーポッター ハイライト    −作曲J.ウィリアムズ
3;バレエ音楽「ロミオとジュリエット」より  −作曲S.プロコイエフ
   ”モンタギュー家とキュピレット家”
4;ラプソディ・イン・ブルー     −作曲G.ガーシュウィン
5;「サウンド・オブ・ミュージック」 −作曲R.ロジャース
       セレクション      編曲  須藤 篤
6;「となりのトトロ」より”さんぽ”  −作曲  久石 譲
7;行進曲「威風堂々」第一番     −作曲E.エルガー
生の音楽に触れ、
皆さまそれぞれに楽しく過ごし、
ラストには、会場の皆さんで、アンコール曲、
「ふるさと」を歌い、一体感を味わいました。
中林さんの指揮、町井友香さんの歌に合わせて、みんなで「ふるさと」🎵
予定終演時間15時30分より、少し早く終わったので、
ロビーで開催されていた
◆「発達障害児の作品展」
◆「発達障害児、子育てお役立ちグッズ展」
◆Marble新規事業紹介「ワッペンマーク」「チラシ作成」
…のコーナーに、多くの方が集まっていました。
発達障害の子ども達のユニークな作品(^.^)/~~~
子育てに役立つ「便利グッズ展」は、毎回好評(^.^)/~
★当日のお客様からの感想★
さて、終演後、回収させて頂いた、
アンケートのご感想をいくつかご紹介しましょう。
そこには、参加された皆さまの
熱い思いが書かれていました。
このご感想をお読みいただく事で、
当日の様子を思い浮かべて頂ける事と思います。
<以下、ご感想の抜粋>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆オーケストラの方、主催者の方、会場にいる全ての方の、
圧倒的な愛情が伝わってきて、泣きっぱなしでした。
また来たいです。
・・・・・・・・・・・・
◆子どもと一緒にクラシックのコンサートを聴くなんて、
二度とないと思っていたので、とても胸がいっぱいです。
このコンサートは、発達障害の子どもの親たちの強い味方です。
これからも、是非続けて下さい。
・・・・・・・・・・・
◆いつもコンサートに行くと「静かに」とか
「手をあげない」とか、注意してばかりで、
楽しめませんでした。
今日は、そんな必要なく、本当に楽しめました!
ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・
◆この時間があって、本当に感謝します。
息子と笑顔を交わす事が出来て、奇跡を感じました。
また、お願いします!
・・・・・・・・・・・・
◆発達障害の子どもを持つ親御さんのご苦労、
そういう方々にも、気兼ねなく音楽を楽しんでほしい
という、主催者の気持ちがあふれた、
本当に素晴らしいコンサートでした。
誰もが、認め合って、楽しく生きていける社会に、
少しずつでも、近づいていくことを願っています。
・・・・・・・・・・・・・
◆2回目のコンサート。
前回同様、とても素晴らしかったです。
自閉症のわが子は、いすの上に立ったり、
後ろ向きだったり、耳をふさいだりでしたが、
帰ろうとはせず、ずっと列にいる事が出来ました。
本当に良い経験をする事をさせて頂きました。
また来たいです。
・・・・・・・・・・
◆今日は、本当に子どもに何も注意する事なく、
安心して聞く事ができ、
ゼイタクな時間を過ごす事ができました。
子どもも、身体は動いていても、
ちゃんと耳を傾けて、聞いていました!
こういったコンサートを、
定期的にやって頂けると嬉しいです。
・・・・・・・・・・・
◆コンサートはもちろん、
30分以上座って静かに観たり、
聴いたりするものは、
もう、ずっと諦めていました。
今日は、とても素敵な体験をさせて頂き、
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
◆コンサート半ばから、ずっと席を立って踊ってました。
本人も嬉しそうでしたが、私も笑ってしまいました。
このようなコンサートは、大変ありがたいです。
・・・・・・・・・・・・
◆本日、このような機会がとても有難く、
とても嬉しかったです。感動しました。
本人も、とても嬉しそうでした。
その表情を見れて、親としても嬉しかったです。
・・・・・・・・・・・・・
◆昨年も来ました。
私にとっては、周りがシーンとしているコンサートより、
こちらのコンサートの方が、とても自然な感じがして、
このコンサートがとても好きです。
来年もまた来たいです。是非開催して下さい。
・・・・・・・・・・・・
◆会場が暗くならないのが、とても良かったです。
(暗い中で、大きな音がすると、とても怖がるので)
親も子も、気兼ねなくコンサートを楽しめて、
本当に素敵でした。
・・・・・・・・・・・・・
◆感動の涙が止まりません。
心あたたまるコンサートでした。
自閉症の息子を育てています。
どこに行っても、周囲の目を気にして、
肩身の狭い思いをしてきました。
関係者の皆さまに金メダルを差し上げたいです。
・・・・・・・・・・・・
他にも、まだまだ、嬉しい感想が、
たくさん届いています。
皆さま、ありがとうございましたm(__)m
113枚、回収したアンケートのうち、
「とてもよかった」が98、
「よかった」が12
「ふつう」が2
「未記入」1
113人中、110人が「良かった」と
思って下さっている訳で…
皆さまの満足度の高さが窺がえます。
これもひとえに、
このコンサートの主旨に賛同し、
快く、演奏を引き受けて下さった、
東京サロンオーケストラの皆さま、
歌の町井友香さま、
ご協賛、ご後援、ご寄付、ボランティア…
といった形で応援して下さった、
多くの皆さま方のおかげでございます。
深く感謝申し上げます。
ありがとうございましたm(__)m
・・・・・・・・・・・・・・・・・
終演後、
「このコンサートを応援したい!」
「マーブルの活動を応援したい!」
…という皆さまからの思いも、
たくさん届けられました。
◆Marbleの賛助会員にご入会いただいた方、
◆募金箱や、「おきもちふくろ」に
ご寄付を入れて下さった方
この場を借りて、心より御礼を申し上げます。
誠にありがとうございましたm(__)m
※ご寄付の集計が出ましたら、
HPにて、お知らせ致します。
皆さまからの、このようなご支援は、
たいへん有難いです。
このコンサートは、
参加費無料で開催しているからです。
なぜ無料で開催しているか…
それは、このコンサートのモットーにも
つながりますので、
ちょっとだけお伝えさせて下さい。
★無料開催の意義★
|でも気軽に参加してほしい
△覆襪戮家族そろって参加してほしい
2搬欧そろった安心した状況で、
障害のお子さんは、体験の幅を広げてほしい
て頃、あまり外出に付き添わない
パパさん(?)がいたとしたら、
是非この機会に、参加して、
わが子の様子や、他の子の様子を、
実際に見て、いろいろ感じてほしい
ゥ船吋奪箸鮖前に購入すると、
当日の子どもの様子で、
行けなくなった時にもったいないし、
他の人に譲ったり等、手間がかかるから…
(障害児の子育てでは、ままある出来事><)
無料ならば、当日、調子がよければ参加、
悪ければ行かない…と気軽に構えられるから。
なにより、親が気軽に構えると、
子どもに伝染し、子どもの気持ちも安定するから…
・・・・・・・
そんなところでしょうか?
これからも、
皆さまのご支援やご協力を頂きながら、
たくさんの方が気兼ねなく参加できる
イベントを、行ってまいりたいです。
さて、今後のマーブルですが、
「講演活動」や「相談支援活動」は、
コンスタントに続けてまいります。
コンサートとしては、
今年度中に「パーカッションコンサート」を開催します。
詳細が決まりましたら、
このホームページや、フェイスブックなどで、
ご案内をしてまいります。
どうぞ、皆さま、
3周年を迎え、4年目に突入したMarbleを、
今後とも、よろしくお願い致します。
さまざまな人がいると認め合える社会は、
きっと誰にとっても、優しい社会…(^.^)/~
そんな社会になる事を願って、
これからも、活動を続けてまいります。
<記;Marble代表 国沢 真弓>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM